運営者プロフィール

2021年7月27日

profile

 どうも、はじめまして。(*^^*)

柏ゲーセンJunkynにて

レトロゲームが大好きな元ゲーメスト愛読者のオヤジと申します。

レトロゲームとの出会いは幼稚園の帰り道

 昭和48年1973年生まれの団塊ジュニア世代のオッサンですが、昔は「 いちご世代 」などと呼ばれていました。

Right Caption

不肖この私めが、初めてテレビゲームと出会ったのは幼稚園の帰り道だったぞ。

東京都目黒区の自由が丘駅の近くの商店街に屋外設置されていたテニスゲームが米アタリ社の「 ポン( PONG )」でしたね。

昨今のテレビゲームの様な派手さは無く、ただバーとバーがボールを打ち合うビデオゲームでしたが、幼なごころに魅了されてしまいました。(^^ゞ

ただし、お金は持っていなかったので他人のプレイをじっと見ているだけでしたが、当時はコピー商品も多く出回っていたので、本物のPONGでは無かったかもしれませんけどね。

しかしながら、その日を堺にテレビゲームに興味を持ち始め、惹かれる様になっていきました。

Left Caption

あしげくゲームセンターに通う様になったが、それでも見る専門だったな!

中学生の時に出会ったスーパーマリオブラザーズ

 不肖この私めが中学校2年生のときに出会ったのが、友だちの家で見たファミリーコンピューターのゲームソフトで、初代の「 スーパーマリオブラザーズ 」でした。

発売が1985年9月13日だったので、1年おくれではあったが「 世の中に、こんなに面白いゲームが有るのか!? 」と感動したものです。

発売元は言わずと知れた任天堂で日本だけでも681万本、全世界では4024万本の売上げを誇る不朽の名作ですね。

Left Caption

当時はファミコンを持っていなかったのですが、父に買ってもらってからは時間も忘れるほどに熱中してプレイしてました。

厨( 中 )二の時の休みの日に、サン電子の「 東海道五十三次 」をプレイしていた時は、「 フッ 」と外を見たら辺りが暗くなっていて「 え。もう夜なの!? 」と、自分で驚いてビックリした記憶があります。( 笑 )

高校時代にはR-TYPEを1コイン2周クリア

 さて、テレビゲーム熱は高校に進学した後も、ますます加熱していったのです。

Right Caption

学校帰りには、いつも友だちと駅前のゲーセン「 島田 」に寄ってたぞ!

東京の拝島駅近くに有った店の名前は「 スナック&ゲームセンター、シマダ 」でした。

今は駅前の再開発によって、そのゲームセンターは無くなってしまいましたが東京の立川にあったカジノカーニバルの店長が来ていましたね。

店の中は狭くて、カウンターも無かったので、店長は小説かなにかの本を立って読んでいたのを覚えています。

さて、そこのゲーセンで私の高校時代の唯一の功績である「 R-TYPE1コイン2周クリア 」を成し遂げたのです。(^^ゞ

アールタイプとは、ゲームメーカーのアイレムが1987年7月1日に稼働を開始した横スクロール型のシューティングゲームの事ですね。

簡単に言うと、飛行機が撃つタイプの反射神経系のアーケードゲームです。

Left Caption

それにして当時は昼飯を抜いてでも浮かしたお金で、かなりやり込んだ!( 笑 )

ろくすっぽ勉強もせずに、あまりにもゲームに入れ込んだため高校は中退となってしまいましたが。( 笑笑 )

ゲームセンター「 メクマン 」のアルバイト店員

 ヘッダー画像のワンポイントロゴにもなっている私の写真は今は無き、松戸のゲームセンター「 メクマン 」でアルバイト店員をしていた時のものです。

平日は茨城県の工場内勤務の作業員として働いていましたが、土日だけアルバイト店員で夜に働いていました。

profile

寒い真冬に400ccの単車で高速道路を使って茨城から通っていましたが、交通費は出してくれたので助かりましたね。

運営会社は、オモロングループでしたが、2011年の東日本大震災の影響で閉店後は、みのり台駅に移して営業を再開していたそうですが、ここも数年後には閉店して今はもう無いそうです。

ゲーム好きが高じて、10代の頃からの憧れだったゲームセンターの店員を実際にやらせて頂き、思ったことは「 遊ぶのと働くのでは雲泥の差がある! 」ってことでしたね。( 笑 )

まぁ、お金を稼ぐってことは何にしても大変なことなんで、当たり前っちゃ当たり前だのクラッカーなんですが。

profile

ガラケーのソーシャルSNSミニゲームにハマる

 そして、ガラケー全盛時代にはSNSのモバゲーに登録し、フラッシュミニゲームを、ひたすらやり込んでいました。

いまは、スマホゲームが主流ですが、反射神経と運が頼りのFLASHミニゲーム「 退魔の矢・弐の巻 」で全国の通算1位を取るまで熱中していましたね。

また、ソシャゲーのみならず、タイトーの公式アプリ「 ダライアス 」でも2012年5月4日に、単独での通算一位を取ったことも。

profile

最近は、ゲームに熱中するなんてことは無くなりましたが、ガラケー時代は結構気合を入れて、やり込んでいましたね。

FLASHミニゲームはガラケー専用でしたが今でもYAHOOゲームで無料で出来ますので、あなたも挑戦されてみては?↓

なんと、ガラケー時代と同じ得点倍率×1.3倍が入るのには驚いた!

「 910スタート 」をしなくとも、オープニング画面で連打するだけで鬼火の画面に変わり、得点倍率が×1.3倍になりますね。

profile

PC版プレイのYahoo!モバゲーでも、一応1位を取れましたよ。

profile

Yahoo!モバゲーでは別アカウントではありますが、いちおう全ての称号を取ることが出来ました。

profile

モバゲーのフラッシュゲームは実力も必要ですが、ハイスコアの99%は「 4面の鬼火の配列がキレイにズレるか否か 」で決まる運ゲーですね。( 笑 )

しかも一見、簡素なミニゲームに見えますが、「 確実な鬼火ルートの行き方 」などの基礎知識がないと高得点は出せません。

ちなみに私がガラケープレイの通算で全国1位を取った得点は26万3,480点ですが同点一位の方が、もう一人います。

profile

テクニックを究極まで極めた上に運の要素と、その日のコンディションも絡んでくるのでかなり本気で遊ばないと上位は取れないですよ。

ゲームセンターでゲームプレイする私

ちなみに、1作目の「 退魔の矢 」は、ガラケー時代から有ったフラッシュの再生速度を変えられる「 FPS( フロップス )チェンジャー 」なるツールを使ってプレイすると、カンストが出せるイカサマ技が有ったために、99万9,999点のハイスコアラーが100人前後はいましたね。

profile

久々にYahoo!ゲームでも1作目の退魔の矢をプレイしてみましたが、どうやら40万点ぐらいが限界みたいです。↓

ガラケー時代にもイカサマ技を使わずにプレイしたことが有ったのですが、最後に「 氷 」のパワーアップアイテムをルーレットで取ってクリアすると75万点前後は取れたんですけど、PCブラウザでは仕様が違うためか点数が上がらないですね。

これからも機会があれば新たに記事を書いていこうかな?と思案中です。(^^ゞ